201308.png
【杏の歩の日々】 杏ねこによる勝手気ままなお気楽ブログ。key・ハヤテのごとく!・ひだまりスケッチ・魔法少女まどか☆マギカ・きんいろモザイク・ご注文はうさぎですか?・アニメ・ラノベ・小島あきら先生作品・竹宮ゆゆこ先生作品・広島東洋カープ・その他野球ネタ・ 日々あったことなどをまったりと適当に書いたりするところかも。(ブログ内容の統一感は全くありません・更新は不定期です・月曜日と金曜日休みがち)
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


CSで一挙放送していたので録画して後からゆっくり見てたのですがようやく見終わりました。

後付けな感じが多くていかに当時の引き伸ばしが凄かったのかわかると聞いていましたががなんとなく察しました(^^;

でも非常に熱い物語でしたね。

どこかで聞いたことのある名言を実際に見聞きするとああここで出てくるんだとか、元ネタを知った時の感動が少しありました。


個人的にはレイとトキが好きです、野党の中を転々としていたレイが友情と愛にに目覚め活躍していき最後は凄惨な死。。トキも病んでいながら名解説・・・じゃなかったケンシロウへの良い兄貴っぷりとこれまた最後の力で拳王に挑む様は思わずこちらも涙してしまいました。

逆にあまりのヒールっぷりを披露していたのがサウザー・・・・・・さすがにあれは見るに耐えない悪逆非道っぷりでした。リュウガもお前何しに出てきたの?何がやりたいの?と率直な感想。終盤のリハクとかどう見ても無能無能アンド無能すぎて判断誤りすぎじゃないかと・・・・・・。あれで優れた軍師とは一体??

宿命だから~で何しても許されるのか?といった疑問は残りますね。

それとユリアさんってそんなにいい女性なんでしょうか。一人の女性にみんながみんな振り回されすぎた感がちょっとあったりなかったり。。身内で一人の女を取り合いすぎじゃないですかね。




ラオウ「ユリアは良い女だった」 - ぱる速報
http://parusoku.com/archives/37791352.html

ここでも言われていますが、


リュウガ「ラオウが殺さなかったトキ殺すンゴ」
リュウガ「どうせだからトキの患者もみんな殺すンゴ」
リュウガ「実はケンシロウを試してただけンゴ、自分も死ぬンゴ」

ケンシロウ「リュウガもまたよき強敵」




レイ登場時=そこそこ強そう
  ↓
ラオウに究極奥義使ってワンパンで負ける
  ↓
心霊台突いてクッソ強くなってもユダと五分五分
  ↓
外伝でことごとくユダが雑魚扱い
  ↓
ユダと引き分けたレイ=雑魚雑魚アンド雑魚


とかリュウガの何したかったんだお前感と物語が進むにつれてのレイの弱体化が悲しいこと思います。あのリハクでさえ拳王にはちょっとは戦えたのに。。


あと気になったのはいつもいつもケンシロウに迷惑ばっかりかけるリンさん。あんた何回勝手な行動してるん??と思いましたw

子供とはいえいくらなんでも暴走しすぎじゃないですかね、結果的にそれが良い時もありましたがあまりにも身勝手すぎて・・・・・・後から知りましたがそうさせる理由がどうも血筋にあるようですがしっかしアニメ版は酷かった(ーー;)





見終わった後にチラチラと北斗の拳関連の用語だったり動画見ていたので少しメモっておきます。


北斗西斗 -北斗の拳を異常に研究するサイト-
http://www.geocities.jp/hokuaniken/
































さすがに総集編とか回想編はすっ飛ばしたよ・・・・・・
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧ <109話か、長かったね、お疲れ
   ∧∧            (   )   
  (,,゚Д゚)            ⊂  \   
  | ヽ             (   )O
  (UU ,)~          ((__(




えっ、マジですか・・・(゚д゚lll)
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧ <次はアニメ2部と原作だな
   ∧∧            (   )   
  (,,゚Д゚)            ⊂  \   
  | ヽ             (   )O
  (UU ,)~          ((__(
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kyouneco11.blog.fc2.com/tb.php/1617-330865e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック