201308.png
【杏の歩の日々】 杏ねこによる勝手気ままなお気楽ブログ。key・ハヤテのごとく!・ひだまりスケッチ・魔法少女まどか☆マギカ・きんいろモザイク・ご注文はうさぎですか?・アニメ・ラノベ・小島あきら先生作品・竹宮ゆゆこ先生作品・広島東洋カープ・その他野球ネタ・ 日々あったことなどをまったりと適当に書いたりするところかも。(ブログ内容の統一感は全くありません・更新は不定期です・月曜日と金曜日休みがち)
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マックスむらい、とくダネ!を批判。熱心にネットマナー語るもカットされ使われず。過激な動画を投稿する人たちを特集で - にんじ報告
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/42609160.html








放送があったその日のお昼にはもうユーチューブで上がっていたみたいですね


もしマックスむらいさんをよく知らない方がこの放送だけ見たらどう思いますかね?


私の場合はもう何度か実際にお会いしたこともあり、ユーチューブの動画もずっと見続けているので全く平坦に客観的に見ることはできないですが、この放送だけみたら「ああゲームしながら舌打ちする人なんだ、ちょっとマナー悪いゲーマーだな」と思うかもしれません。

どうみてもいい印象や動画投稿についての注意喚起しなければならない立場の人には見えませんね。

実際とくダネの出演者の方々にはネガティブなイメージを持たれてしまったようですし。

テレビで初めてむらいさんを見てから実際にむらいさんのTwitterを見に行った人はいくらかいるのでしょうか・・・、一度テレビで悪印象もたれるとなかなか・・・。


マックスむらいさんの動画をある程度見てる方ならご存知な方も多いでしょうがむらいさんは動画では「死ね」や「殺す」という言葉は気をつけて言わないようにしてますし(ベジータさん登場時のときにチラッとそういうのはちょっと・・・的なこと喋ってましたね)


ネットに深く関わるようになってTVでの報道をすべて鵜呑みにするなんてことは今となっては全くないですが、まだ判断力が乏しかった幼かった頃TVは絶対に正しいと信じてたときもありました。


ただ残念なことに今だにTVや新聞の言うことが全て正しい絶対だと思っちゃう大人も結構周りにいるんですよねぇ、実際我が家の親族でいましたし( ̄▽ ̄;)

(先にあげたとくダネ出演者もネット投稿動画についてネガティブイメージで鵜呑みにしてそうです)

いつだったかのゆで卵ダイエットがあり、バナナダイエット、納豆、こんにゃく、水素水、サバ缶・・・ダイエットTVを信じて買った人も当時沢山いるのではないでしょうかw


スポーツについてもそう、誰か誰は仲が悪い、近いうちにトレードされる、球団批判・・・さる球団関係者、ある球団幹部からの話という全く信用に値しない話なのに見出しがバーンと書かれてたら「そうなんだ」と全部は信じなくても「ひょっとしたら」と思うことはあるかもしれません。


政治問題だって自分の家のとってる新聞によって朝日か読売か毎日か日経なのかで全然社風によって同じ問題を扱ってるのに書かれ方、社説も違います。


人間というのは頑固なもので「この問題はこうなんだろう」って一度思うとなかなか反対意見や自分と同じ意見じゃないどうも嫌う傾向にあります。特におじいちゃんおばあちゃん世代・・・歳をとってくると頑固さが顕著になりますねw

朝日新聞しかずっと読んでない親族にほかの新聞を勧めても「朝日以外は読む気にならない」とか「これが一番読みやすいんじゃ!」と突っ返されたこともままありました( ̄▽ ̄;)


脱線しましたが、新聞もTVもですが、売れればいい&視聴率がとれればいい・・・と実際の問題よりも誇張やデマといくらでも編集によって改変でき、それを販売、報道できます。(最近では慰安婦問題とかありました)


日テレの24時間テレビでも屋久島ロケの放送と実情が違いすぎて屋久島で報道班を案内したガイドさんがブチギレたこともありました。(そもそもチャリティー番組なのに出演者のギャラ問題が出てくるってどうなんだろうと思いますが)


今回の一件、取材を受けたマックスむらいさんのあずかり知らぬところでむらいさんのネット活動の啓蒙インタビュー?がバッサリカットされ編集によってネット動画投稿全体にネガティブなイメージを植えつけようとするとくダネさんもっといえばオッケーをだしたフジテレビさん側の意図が少し垣間見えます。


TV業界からすればユーチューブやニコニコははっきり言って視聴率を奪う邪魔な存在でしょうし、ただでさえ昨今TVを見ない世代も生まれているので危機感をもっているのかもしれませんね。

なにもここまで悪意ある編集をしなくても・・・とは思いますが。

マスコミの取材を受けて本当に伝えたくてやったこと、話したことが実際には全然違って報道されていた・・・これからもままあると思います。


そこに編集という魔法の言葉が入る限り。




過去、テレビ朝日の相棒でも「編集された殺人」というものがありました。

2007年12月19日(水)9:00~9:54pm 第9話「編集された殺人」
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou_06/contents/story/0009/

証言映像の都合のいい部分だけを裁判で公開し、博を殺人者にしてしまった罪は重い。

放送局のワイドショーなどでやる手口とまったく一緒で事実を捻じ曲げる悪質さ。

編集によって人が死ぬということはありえないことではありません。(マスコミ報道被害事件として松本サリン事件では冤罪を生み出し、坂本堤弁護士一家殺害事件ではTBSの報道により結果的にマスコミが殺人幇助を犯しました)


松本サリン事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

坂本堤弁護士一家殺害事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E5%A0%A4%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6





生放送や無編集でやれればいいのでしょうけど尺の問題もあるでしょう。編集というのは編集者の腕の見せどころです、決して表舞台には出てきませんが大事なことです。そこに社風や偏った考えが入っていいものではありません。


取材した人の真意をしっかりと視聴者や読者にわかりやすく上手に伝える・・・それが報道のあり方ではないでしょうか? 



最後に今回の一連の問題のマックスむらいさんのつぶやきを。



























































なるほど・・・不道理だな。。
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧ <過激な動画を取り扱った放送が実は過激な動画だった件
   ∧∧            (   )   
  (,,゚Д゚)            ⊂  \   
  | ヽ             (   )O
  (UU ,)~          ((__(
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kyouneco11.blog.fc2.com/tb.php/1175-52618d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。